平成29年度 安田病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分0~10~20~30~40~50~60~70~80~90~
患者数 0 7 19 12 27 53 150 281 451 221
入院患者の平均年齢は昨年の78.6歳から77.7歳とわずかに低下しました。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
 
内科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
100380xxxxxxxx 体液量減少症 28 15.71 9.16 7.14 82.18  
130090xx97x0xx 貧血(その他)輸血あり 11 17.09 10.89 0 87.55  
100061xx99x110 1型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全あり。) 4 16.25 15.42 0 72.50  
130090xx99x0xx 貧血(その他)輸血なし 3 16.33 10.71 0 82.00  
100071xx99x100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全あり。) 2 11.00 14.63 0 44.00  
内科では、糖尿病の割合が多く、教育入院及び血糖コントロール増悪時の治療を行っています。また、高齢の患者さんが多いため脱水症状や誤嚥性肺炎、尿路感染症も増えています。貧血に対しては、消化管出血などの原因精査を行い、原因に応じて治療を行います。
 
 
呼吸器科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 25 43.44 20.83 8.00 86.60  
0400801499x001 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上)A-DRPスコア1 15 14.40 13.51 6.67 86.33  
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他) 13 20.92 5.94 0 81.31  
0400801499x002 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上)A-DRPスコア2 11 25.91 15.21 0 86.91  
040130xx99x0xx 呼吸不全(その他) 11 27.64 10.84 0 78.64  
呼吸器科では主に肺炎の治療を行っています。誤嚥性肺炎については、老人保健施設等からの紹介入院が増えております。また、慢性呼吸不全に対しては在宅酸素療法を行っており、慢性呼吸不全急性増悪に対して入院対応しております。また、肺腫瘍については、当院では集学的治療ができませんので対応できる病院へ紹介させていただいております。
 
消化器科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
150010xxxxx0xx ウィルス性腸炎 24 9.96 5.50 4.17 66.17  
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 14 19.07 8.98 0 80.36  
060130xx99x00x 胃十二指腸潰瘍、胃憩室症、幽門狭窄(穿孔を伴わないもの) 13 13.92 8.83 0 74.15  
060130xx99000x 食道、胃、十二指腸、他腸の炎症(その他良性疾患) 11 17.18 7.39 0 70.55  
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 7 8.57 7.87 14.29 70.43  
胆のう炎、胆管炎などでは保存的加療または手術を行っています。腸閉塞についても保存的加療、手術を行っています。
当院で対応できない症例に対しては近隣医療機関と連携し治療を行っています。
 
循環器科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
050130xx99000x 心不全 手術なし 60 27.33 17.71 13.33 84.18  
050070xx99000x 頻脈性不整脈 7 10.00 7.71 0 79.14  
050210xx97000x 徐脈性不整脈 7 10.86 11.21 0 83.14  
050170xx99000x 閉塞性動脈疾患 4 47.50 7.98 25.00 91.25  
050130xx97000x 心不全 手術あり(輸血、EMRなど他疾患のもの 3 36.00 24.51 0 81.00  
狭心症、心不全、不整脈の治療を中心に、従来からのペースメーカー治療も行っています。さらに、昨年度から造影CTで心臓の血管(冠動脈)の検査が外来でできるようになりました。
 
外科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 28 65.25 12.23 10.71 74.04  
060340xx99x00x 胆管(肝内外)結石・胆肝炎 14 25.64 9.85 35.71 84.64  
180040xx01x0xx 手術・処置等の合併症(シャント閉塞等) 9 7.22 12.41 0 64.33  
080011xx99xxxx 急性膿皮症 7 22.43 11.73 14.29 83.14  
11.280xx02x1xx 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 表在化法、シャント設置等あり、人工腎臓その他あり 4 112.25 36.38 25.00 79.00  
当院では末期腎不全(慢性腎臓病ステージ5)に対し、腎代替療法として外来ならびに入院での血液透析療法を行っております。また、透析導入後の腎不全の患者さんのフォローならびに他院よりの紹介診療も行っており、透析治療に伴う合併症治療や透析導入のためのブラッドアクセス手術での入院患者さんが多くおられます。また、感染症や薬物、外傷などを契機とした急性腎不全治療も透析療法の技術を応用し行っています。さらに、胆石や逆行性感染を原因とした胆管炎・胆のう炎の患者さん、感染に伴う下肢等の蜂窩織炎の患者さんなどが入院患者さんでは多くおられます。
 
整形外科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 39 61.77 27.09 7.69 85.82  
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 34 57.50 19.94 14.71 82.53  
160620xx01xxxx 肘、膝の外傷(スポーツ障害等を含む。) 31 9.03 11.41 0 63.39  
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 19 33.63 25.09 0 75.68  
160760xx97xx0xx 前腕の骨折 9 6.67 5.21 0 65.56  
整形外科の入院は、高齢者が多く大腿骨頚部骨折、転子部骨折、橈骨遠位端骨折の手術目的での入院が多くなっています。また、圧迫骨折による保存的加療、リハビリの患者さんなど早期の自宅復帰ができるような治療方法を選択しています。膝関節では人工関節置換術、間接鏡視下手術目的での入院患者さんが多くみられます。
 
耳鼻咽喉科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
030400xx99xxxx 前庭機能障害 19 8.26 5.15 0 74.89  
03001xxx99x00x 頭頸部悪性腫瘍 2 20.50 12.60 0 79.00  
030410xxxxxxxx めまい(末梢前庭以外) 2 5.50 5.30 0 85.00  
030180xx99xxxx 口内炎、口腔疾患 1 3.00 7.31 0 79.00  
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 1 5.00 5.48 0 27.00  
めまい等で安静が必要な患者さん及び悪性腫瘍で経口摂取困難な患者さんの入院に対応しています。
 
 
泌尿器科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 38 27.50 12.34 13.16 84.55  
110070xx99x0xx 膀胱腫瘍 4 18.00 10.24 0 86.50  
11013xxx99xxxx 下部尿路疾患 4 5.25 9.44 0 84.75  
11012xxx99xx0x 上部尿路疾患 3 8.67 5.39 0 67.00  
11022xxx99xxxx 男性生殖器疾患 3 8.00 8.94 0 55.00  
尿路感染症、結石の保存治療を行っています。前立腺生検も1泊2日の短期入院で対応します。
 
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
 初発再発病期分類
基準(※)
版数
Stage IStage IIStage IIIStage IV不明
胃癌 0 0 2 0 0 1 1 7
大腸癌 6 1 2 6 2 7 1 6.7
乳癌 0 0 0 0 0 1 1  
肺癌 0 0 1 0 0 1 1 7
肝癌 0 0 0 0 0 2 1  

※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約

胃・大腸癌は手術的治療、及び化学治療を行っています。
手術不能癌、再発、転移例に対しての化学療法も対応しており、終末期には緩和医療を提供しています。
 
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
 患者数平均
在院日数
平均年齢
軽症 5 18.20 61.20
中等症 43 35.74 87.65
重症 4 51.25 87.00
超重症 4 191.75 88.00
不明 0 0 0
軽度の場合は外来治療、重症以上の場合は入院治療が基本ですが、患者さんの状態によってはその限りではありません。
この地域の高齢化を反映し、相変わらず高齢者の割合が増加し、重症度も増加しています。
 
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から患者数平均在院日数平均年齢転院率
3日以内 16 39.81 82.50 15.38
その他 10 54.6 80.1 7.69
脳梗塞について急性期は必要に応じて専門病院への転院を行っています。高齢者の罹患が多く、また専門病院での急性期治療後、必要時は当院へ入院し、全身状態の管理、抗血栓療法、リハビリ治療を行っています。
 
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
 
消化器科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 54 0.94 1.50 0 67.35  
K644 胃瘻増設術(経皮的内視鏡下胃瘻増設術、腹腔鏡下胃瘻増設術を含む。) 21 39.57 115.29 28.57 84.71  
K6335 ヘルニア手術(鼠径ヘルニア) 12 0.33 10.00 0 65.42  
K7193 結腸切除術(全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術) 6 11.33 37.33 0 79.00  
K7181 虫垂切除術(虫垂周辺膿瘍を伴わないもの) 4 0.50 7.00 0 57.25  
ESDなどの特殊な技術を必要としない消化管ポリープの内視鏡的治療を積極的に行っています。
全般に高齢の患者さんが多く、なるべく体の負担が少なくなるように治療法の選択を行っていきます。
 
 
外科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K610-3 内シャント設置術 17 4.47 35.71 5.88 68.94  
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 7 0 1.00 0 67.71  
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 4 7.50 11.75 0 62.25  
K7181 虫垂切除術(虫垂周辺膿瘍を伴わないもの) 3 1.00 7.67 0 53.00  
K608-3 内シャント血栓除去術 2 3.50 27.00 0 85.00  
外科手術としては、ブラッドアクセスとしての内シャント設置術、シャント閉塞治療の血栓除去術、シャント狭窄治療の血管拡張術と血液透析療法に関与する症例が手術件数としては多くなっています。そのほか胆石症に対して行う胆嚢切除術は傷のより小さな腹腔鏡下手術で行う症例が多くあり、急性虫垂炎に対し緊急手術としての虫垂切除術も行っています。
 
整形外科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿) 26 7.35 59.58 11.54 83.88  
K066-21 関節鏡下関節滑膜切除術(膝) 22 0.23 9.55 0 66.73  
K0811 人工骨頭挿入術(股) 21 5.00 47.10 4.76 85.71  
K0821 人工関節置換術 21 1.52 31.95 0 76.19  
K068-2 関節鏡下半月版切除術 13 0 7.00 0 67.31  
当院の手術症例は高齢者が多く、大腿骨頸部骨折、転子部骨折の手術が多くなっています。また膝関節疾患(変形性関節症、半月版損傷、十字靭帯損傷)に対する人工関節置換術、鏡視下手術も多く、最近では術疼痛軽減のため大腿神経ブロック、関節周囲への注射により、術後疼痛の軽減を図っています.
 

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC傷病名入院契機症例数発生率
130100播種性血管内凝固症候群同一 0 0
異なる 0 0
180010敗血症同一 1 0.09
異なる 1 0.09
180035その他の真菌感染症同一 0 0
異なる 1 0.09
180040手術・処置等の合併症同一 21 1.79
異なる 0 0
DIC(播種性血管内凝固症候群)、敗血症などの重篤な合併症の頻度は極めて低値です。
手術・処置等の合併症の頻度も1%台と低値です。
 
更新履歴 2018年9月28日 情報管理課 佐藤


リンク集 プライバシーポリシー サイトマップ