平成28年度 安田病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分0~10~20~30~40~50~60~70~80~90~
患者数 0 8 9 10 36 57 184 269 406 234
地域の高齢化を反映し、入院患者も高齢化しています。昨年の平均年齢75.0歳に対して、今年度は平均年齢78.6歳と昨年よりもさらに高齢化傾向を認めます。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード

内科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
100380xxxxxxxx 体液量減少症 26 21.00 9.33 7.69 82.50  
100070xx99x100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く)(末梢循環不全なし。) 7 42.43 14.61 14.29 70.71  
130090xx97x0xx 貧血(その他) 7 9.29 11.25 0 85.43  
161020xxxxx00x 体温異常 5 11.00 5.81 0 83.00  
100061xx99x110 1型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全あり。) 3 21.33 16.28 0 71.67  
内科では、糖尿病の割合が多く、教育入院及び血統コントロール増悪時の治療を行っています。また、高齢者の脱水症状も多く、夏季には熱中症による脱水が多くなります。貧血に対しては、消化管出血などの原因精査を行い、原因に応じて治療を行います。

精神科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢

患者用パス

161070xxxxx00x 薬物中毒(その他の中毒) 2 2.00 3.64 0 55.00  
161070xxxxx01x 薬物中毒(その他の中毒) 2 11.50 7.54 100.00 85.50  
170040xxxxxxxx 気分[感情]障害 1 8.00 20.63 0 87.00  
               
               
専門機関と連携を取りながら軽度の精神疾患にも対応しています。

呼吸器科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 28 40.06 21.25 7.33 88.17  
0400801499x001 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 11 12.90 28.09 20.50 86.27  
0400801499x011 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 11 28.09 16.89 9.09 87.73  
040100xxxxx01x 喘息 8 20.50 12.38 0 78.25  
040130xx99x0xx 呼吸不全(その他) 8 12.50 11.46 0 83.63  
呼吸器科では主に肺炎の治療を行っています。誤嚥性肺炎については、老人保健施設等からの紹介入院が増えております。また、慢性呼吸不全に対しては在宅酸素療法を行っており、慢性呼吸不全急性増悪に対して入院対応しております。また、肺腫瘍については、当院では集学的治療ができませんので対応できる病院へ紹介させていただいております。

消化器科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
060340xx99x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 18 11.22 9.93 27.78 83.83  
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 16 12.63 5.50 18.75 69.50  
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 13 18.69 9.08 23.08 78.85  
060335xx99x00x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 12 26.00 11.00 0 87.42  
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 11 9.36 7.89 0 67.36  
胆嚢炎、胆管炎などは保存的加療または手術を行っています。当院で対応できない症例に関しては、近隣医療機関と連携し治療を行っています。腸閉塞についても保存的加療、手術を行っています。

循環器科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢

患者用パス

050130xx99000x 心不全 41 37.66 17.95 7.32 86.51  
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性疾患 15 5.07 3.06 0 73.93  
050070xx99000x 頻脈性不整脈 6 7.17 7.82 16.67 87.67  
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 5 10.20 4.71 20.00 68.80  
050210xx97000x 徐脈性不整脈 5 14.40 11.38 0 80.40  
循環器科として心不全と虚血性心疾患を主要な疾患として加療しておりますが、侵襲的な診断やカテーテルによる治療は平成29年3月より施行していません。

外科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 25 25.28 12.84 4.00 73.88  
080011xx99xxxx 急性膿皮症 8 30.13 11.97 0 84.88  
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 8 42.00 12.43 12.50 84.63  
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 5 29.60 12.84 20.00 77.60  
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 4 22.00 8.96 0 81.25  
当院では末期腎不全に対する血液透析療法を行っています。血液透析の導入、血液透析による合併症の治療、ブラッドアクセス手術等を行っています。また、薬物や外傷、感染症などを契機とした急性腎不全治療も透析治療の技術を利用し行っています。その他にも、高齢の患者様の中には感染症として尿路感染増悪により入院加療となる方も多くおられます。

整形外科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 49 62.10 27.63 2.04 84.04  
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 34 45.68 20.57 5.88 82.41  
160620xx01xxxx 肘、膝の外傷(スポーツ障害を含む。) 18 7.94 11.91 0 54.78  
160980xx99x0xx 骨盤損傷 11 57.27 20.45 18.18 87.09  
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 10 36.10 26.26 0 77.50  
高齢者の骨粗鬆症症例が多く、股関節周囲の骨折の手術治療、脊椎圧迫骨折の保存的治療が多くなっています。

脳神経外科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
010069xx99000x 脳卒中の続発症 12 30.17 9.99 16.67 81.83  
010060x0990200 脳梗塞(脳卒中発症4日目以降又は無症候性、かつ、JCS10未満) 5 73.40 22.10 20.00 80.40  
010061xxxxx0xx 一過性脳虚血発作 5 4.00 6.38 0 80.00  
010060x0990210 脳梗塞(脳卒中発症4日目以降又は無症候性、かつ、JCS10未満) 3 70.67 24.87 66.67 88.33  
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内出血(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 2 100.00 19.35 50.00 70.50  
急性期治療を終えた患者様にリハビリを継続して行い、入院期間が限度を迎えた場合も状況により介護病床へ移動し自宅退院困難な場合も療養継続して頂けるようにしています。(※転棟率には介護療養型病床への退院を含む)

婦人科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
120010xx99x0xx 卵巣・子宮付属器の悪性腫瘍 2 23.50 9.77 0 80.50  
090030xx97xxxx 乳房の炎症性障害 1 4.00 7.75 0 41.00  
12002xxx99x0xx 子宮頸・体部の悪性腫瘍 1 22.00 9.34 0 78.00  
               
               
婦人科は常時診療科ではないため、疾患に対する積極的治療を入院で行っておりませんが、全身管理や症状緩和目的での治療は行っています。

耳鼻咽喉科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
030400xx99xxxx 前庭機能障害 27 13.44 5.24 7.41 79.04  
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 2 4.50 5.50 0 44.00  
030380xxxxxxxx 鼻出血 1 5.00 5.84 0 44.00  
030410xxxxxxxx めまい(末梢前庭以外) 1 60.00 5.52 0 91.00  
030428xxxxxxxx 突発性難聴 1 8.00 9.37 0 82.00  
主にめまい等で安静が必要な患者の入院に対応しています。

脳神経内科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
01021xxxxx0x0x 認知症 3 44.33 13.60 66.67 71.33  
010160xx99x00x パーキンソン病 2 53.50 18.71 50.00 83.00  
010060x0990200 脳梗塞(脳卒中発症4日目以降又は無症候性、かつ、JCS10未満) 1 31.00 22.10 0 84.00  
010060x3990000 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10以上) 1 20.00 10.12 0 92.00  
01021xxxxx0x1x 認知症 1 21.00 33.58 0 95.00  
主として脳卒中後に患者に対してリハビリを行っています。

泌尿器科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢

患者用パス

110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 19 28.42 12.43 5.26 85.16  
11013xxx99xxxx 下部尿路疾患 10 40.40 9.43 0 80.00  
110080xx99000x 前立腺の悪性腫瘍 5 36.00 10.89 0 92.20  
11012xxx99xx0x 上部尿路疾患 5 11.80 5.25 0 62.00  
110060xx99x0xx 腎盂・尿管の悪性腫瘍 1 2.00 8.83 100.00 87.00  
尿路感染症、結石の保存治療を行っています。前立腺生検も1泊2日の短期入院で対応します。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
 初発再発病期分類
基準(※)
版数
Stage IStage IIStage IIIStage IV不明
胃癌 3 1 1 4 1 5 1 6,7
大腸癌 8 0 5 2 0 2 1 7
乳癌 0 0 0 0 1 1 1 7
肺癌 0 0 0 1 3 5 1 7
肝癌 0 0 0 1 0 1 1 7

※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約

胃・大腸癌は手術的治療および化学療法を行っています。
手術不能癌、再発、転移例に対しての化学療法も対応しており、終末例には緩和医療を提供しています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
 患者数平均
在院日数
平均年齢
軽症 8 15.00 54.63
中等症 35 21.69 84.31
重症 13 34.38 85.62
超重症 5 70.60 78.40
不明 0 0 0
軽度の場合は外来治療、重症以上の場合は入院治療が基本ですが、患者様の状態によってはその限りではありません。この地域の高齢化を反映し、相変わらず高齢者の割合が増加し、重症度も増しています。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10傷病名発症日から患者数平均在院日数平均年齢転院率
G45$一過性脳虚血発作及び関連症候群3日以内 5 4.00 80.00 0
その他 0 0 0 0
G46$脳血管疾患における脳の血管(性)症候群3日以内 0 0 0 0
その他 0 0 0 0
I63$脳梗塞3日以内 5 32.20 78.60 0
その他 14 54.43 80.71 26.32
I65$脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの3日以内 0 0 0 0
その他 0 0 0 0
I66$脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの3日以内 0 0 0 0
その他 0 0 0 0
I675もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症>3日以内 0 0 0 0
その他 0 0 0 0
I679脳血管疾患,詳細不明3日以内 0 0 0 0
その他 0 0 0 0
一過性脳虚血発作は続発する脳梗塞の予兆の可能性あり、状況により短期間入院経過観察が必要な場合があります。脳梗塞は急性期は必要に応じて専門病院への転院を行っています。また、専門病院の加療後のリハビリ期も対応してます。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
消化器科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 66 0.08 1.15 0 67.56  
K664 胃瘻造術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む。) 21 31.10 138.48 28.57 81.29  
K6335 ヘルニア手術(鼠径ヘルニア) 10 0.80 12.00 0 77.20  
K7161 小腸切除術(悪性腫瘍手術以外の切除術) 6 6.17 26.83 0 84.17  
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 5 9.20 16.20 20.00 54.20  
ESDなどの特殊な技術を必要としない消化管ポリープの内視鏡的治療を積極的に行っています。胆嚢摘出術は急性胆嚢炎症例が多く、術前の治療期間が長くなっています。胆嚢・ヘルニアと高齢者が多く術後入院期間が長いが、早期退院を積極的に勧めています。胃瘻造設に関しては適応症例の検討を行い施行しています。
循環器科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 4 1.50 7.75 0 68.00  
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極) 4 5.25 12.75 0 78.75  
K5461 経皮的冠動脈形成術(急性心筋梗塞) 3 0.33 8.67 33.33 59.00  
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞) 3 0 18.67 0 58.33  
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 3 1.33 4.67 0 74.33  
現在、徐脈性不整脈に対するパースメーカー療法は可能な限り施行していますが、急性心筋梗塞や虚血性心疾患に対する侵襲的治療は平成29年3月からは施行していません。
外科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K610-3 内シャント設置術 11 16.73 48.82 9.09 68.82  
K607-3 上腕動脈表在化法 3 13.00 34.00 0 83.33  
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 3 0 1.00 0 73.00  
K635 胸水・腹水濾過濃縮再静注法 3 7.67 29.67 0 74.67  
K7434 痔核手術(脱肛を含む)(根治術) 2 0 4.00 0 51.00  
当院ではブラッドアクセス手術を多く行っています。また、胸水や腹水を採取したのち、体に必要な成分のみ濃縮抽出し体内に戻す濾過濃縮再静注法(CART)も行っています。その他にも内痔核や肛門周囲膿瘍といった痔関連疾患も外科的手術として行っています。
整形外科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿) 42 4.07 63.76 4.76 83.55  
K0811 人工骨頭挿入術(股) 15 4.20 51.53 0 82.60  
K066-21 関節鏡下関節滑膜切除術(膝) 13 0 7.54 0 67.85  
K0821 人工関節置換術(膝) 12 1.75 34.67 0 77.17  
K068-2 関節鏡下半月板切除術 10 0 4.40 0 55.30  
当院では高齢者の骨折の入院・治療が多くなっています。大腿骨頚部骨折、転子部骨折の症例が多くなっています。
泌尿器科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K783-2 経尿道的尿道ステント留置術 1 1.00 5.00 100.00 88.00  
K797 膀胱内凝血除去術 1 0 21.00 0 72.00  
K775 経皮的腎(腎盂)瘻造設術 1 1.00 8.00 0 92.00  
K800-2 経尿道的電気凝固法 1 13.00 35.00 100.00 84.00  
               
膀胱、前立腺の悪性腫瘍で、根本的な治療の適応のない例にQOL改善のため、上記処置を行っています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC傷病名入院契機症例数発生率
130100播種性血管内凝固症候群同一 1 0.09
異なる 4 0.34
180010敗血症同一 1 0.09
異なる 1 0.09
180035その他の真菌感染症同一 0 0
異なる 0 0
180040手術・処置等の合併症同一 11 0.95
異なる 0 0
DIC(播種性血管内凝固症候群)、敗血症などの重篤な合併症の頻度は極めて低値です。
手術・処置等の合併症の頻度も1%未満と低値です。
更新履歴
2017年9月29日
情報管理課 佐藤


リンク集 プライバシーポリシー サイトマップ